虫歯 TOOTH DECAY

虫歯についてAbout

下記のような症状がある場合、虫歯の可能性があります。虫歯は放っておいても自然によくなることはありません。「虫歯かも」と思ったら、早めに歯科医院を受診しましょう。

  • 歯がズキズキ痛む
  • 歯の表面が黒ずんでいる
  • 冷たい物がしみる

歯に違和感を感じても、「まだそんなに痛くないから大丈夫」と歯科医院に行くのを先延ばしにしていませんか。虫歯は痛みを感じる頃には症状がかなり進んでしまっていることがほとんどです。虫歯になってしまった場合には、どれだけ早く発見・治療出来るかが重要になってきます。少しでも違和感や異常を感じたら、出来るだけ早めに受診することをお勧めいたします。

【写真】痛みを感じる女性

虫歯の原因Cause

虫歯とは、口の中の虫歯菌によって生み出された歯垢(プラーク)が酸を生成し、それが歯を溶かしてしまうことで起こります。
この虫歯菌は、砂糖などの糖分を好みます。虫歯菌は、口の中に入った糖分を食べ、代わりに酸を排出します。この排出された酸によって歯が溶けて虫歯になります。

【画像】歯の内部図

虫歯の進行Progression

C1:初期の虫歯

歯の一番表層にあたるエナメル質が、わずかに溶けている状態。この段階では、痛みがないので虫歯に気がつかない場合があります。適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば治癒できるケースもあります。

【画像】C1:初期の虫歯

C2:歯の内部まで進行した虫歯

初期の虫歯をしばらく放置した状態です。エナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が到達してしまいます。この段階までくると歯がしみるなどの症状が出はじめます。虫歯に冒された部分の歯を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

【画像】C2:初期の虫歯

C3:神経まで進行した虫歯

虫歯が神経にまで達した状態です。場合によっては激しい痛みが出てきます。神経を取り除く治療を行い、被せ物で治します。

【画像】C3:初期の虫歯

C4:神経が死んだ虫歯

神経が死んでしまった状態です。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まることで再び激しい痛みが生じます。抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ・入れ歯で噛む機能を回復させます。

【画像】C4:初期の虫歯

治療についてTreatment

応急処置を行うと、痛みがなくなって来院されなくなる方がいらっしゃいます。治療を途中でやめてしまうと、最初に受診したときよりも状態が悪くなることがあります。治療は必ず最後までお受けください。
治療の中断がよくない理由について、詳細は動画でご説明しています。ぜひご覧ください。