インプラント IMPLANT

インプラントとはAbout implant

第三の歯として近年注目を集めているのがインプラント治療です。
人は、むし歯や歯周病で永久歯を失うと残念ながら二度と生え替わってきません。今までその失った部分を補うには、バネを用いる入れ歯や、両隣の歯を削るプリッジを用いるしかありませんでした。
インプラント治療では、歯が無くなったところに天然の歯根に代わる人工的な歯根(チタンという生体に害のない金属)を埋め込み、骨となじんだらその上に歯を作り、見た目も綺麗に、また噛むのも快適にすることができます。

インプラントの種類Implant types

歯を失った場所や本数に応じて様々な種類があります

クラウンタイプ

【画像】クラウンタイプの図解

ひとつのインプラントにひとつの歯を被せる方法です。

ブリッジタイプ

【画像】ブリッジタイプの図解

複数歯を失った場所の両端にインプラントを取り付けて固定する方法です。

オーバーデンチャータイプ

【画像】オーバーデンチャータイプの図解

インプラントを複数取り付け、その上に総入れ歯を取り付ける方法です。

インプラント治療の流れImplant flow

一般的なインプラント治療の流れです。症状により治療の流れや期間が異なります。

手術前

顎の型取、歯石除去、レントゲン写真・口内写真・CT撮影を行います。
できるだけ安全で患者さんに合った治療を立案するため大切な工程です。

一次手術

顎の骨にインプラント体を埋め込みます。埋入する本数によって前後することがございますが、概ね30分~1時間程度が目安です。

【画像】インプラント一次手術の図解

経過観察期間

術後の消毒・抜歯を経て、歯が入るまで3~6か月間、1カ月に1回通院していただき経過観察を行います。

【画像】経過観察期間の図解

二次手術

インプラントに上部構造(かぶせ物)を取り付けるためのをねじを取り付けます。
当院では、治療後の被せ物は基本的にハイブリッドセラミックを使用しています。

【画像】インプラント二次手術の図解

上部構造の型取り

二次手術から10日後、上部構造の型取りをします。

最終的な人工の歯を装着

型敗り後、1~2週間で歯が入ります。
1~2週間お使い頂きながら、かみ合わせを調整します。

【画像】インプラント歯の取り付け図解

定期検診(メンテナンス)

お手入れの仕方をご案内し、3~4ヵ月に1度口腔内チェック・クリーニングをいたします。

インプラントは天然の歯と比べると結合が弱く細菌に感染しやすい状態です。治療後の良い状態を維持するためには患者さん自身による奥地の清掃と歯科医院での定期検診が欠かせません。

【画像】インプラントのイメージ画像

インプラントの注意点Important point

治療後の定期検診が大切です

当院では、末長くインプラントを使用していただけるように、継続的なメンテナンスプログラム(定期検診)をご用意しております。

インプラント周囲炎

インプラントは天然歯に比べて細菌や汚れ(プラーク)に対する抵抗力が弱く、細菌や汚れで炎症を起こしやすくなっています。インプラント周辺炎に注意が必要です。

インプラント周囲炎とは

インプラント周囲炎は歯周病とよく似た病気です。
進行すると、インプラント周囲から骨がなくなり、最後にはインプラントが抜け落ちてしまいます。その原因は、歯周病と同じく歯垢(プラーク)に潜む細菌です。

天然歯と顎の骨は、歯根膜と呼ばれる組織により結ばれています。歯根膜には歯周病の原因である細菌を防ぐバリアの役割があります。それに対しインプラントは顎の骨と直接結合し、歯根膜は存在しません。そのため細菌を防ぐバリアがなく、病気の進行が早まってしまいます。また歯根膜は弾力があり歯の揺れを起こしますが、インプラントでは揺れも起こりません。
つまり、

  • 感染しやすく、進行の速さは歯周病の10〜20倍
  • 進行しても見た目の炎症が弱く、天然歯のようにグラグラしない
  • 痛みも感じず、自覚症状に乏しい

インプラント周辺炎にならないために

  1. ご家庭での丁寧な歯磨き
    原因である歯垢(プラーク)を残さないように心がけましょう。
  2. 歯科医院で定期的に専門のケアを受ける
    ご自身による歯磨きだけでは取りきれない歯垢を専用の洗浄器具で除去します。さらに、歯肉とかみ合わせのチェックも行います。
  3. タバコは吸わない
    タバコを吸う人は吸わない人に比べて3倍以上も歯周病の発症率が高まるといわれています。

当院のインプラント治療About treatment

インプラントの保証期間

インプラントの保証期間は10年、上部構造は2年です。

インプラントメーカー

当院にて使用しているインプラントメーカーは以下の通りです。

費用について

保険適用と自費診療の費用については、以下リンクボタンよりご確認ください。

治療費一覧

デンタルローン

当院ではイオングループのデンタルローンを取り扱っております。

メンテナンスプログラム

当院では末長くインプラントを使用していただけるように、継続的なメンテナンスプログラム(定期検診)をご用意しております。

定期検診が必要な理由

  • 天然歯に比べて細菌や汚れ(プラーク)に対する抵抗力が弱い
  • 細菌や汚れで、インプラントの周囲は炎症を起こしやすい(インプラント周囲炎)
  • 炎症にも弱く、気付いたときには手遅れ…という可能性がある
  • 日々の生活の中で起こりやすい「かみ合わせ」の変化にもご自身では気付きにくい

当院のメンテナンスプログラム

インプラントの安定期後6ヶ月おきに、引き続き定期的に診療、ケアに来ていただきます。

  1. 問診
    かみ合わせや歯肉の状態をチェック(痛み・違和感がないかなどの確認)
  2. 歯磨き
    歯磨きのチェック・指導(プラークが溜まっていれば歯のクリーニングを行います)
注意事項
  • かみ合わせや歯肉に異常を感じなくても必ずお越しください
  • 当院でおこなったインプラント治療には保証期間を設けていますが、この定期検診を受けていただけない場合は、保証の対象外となります
  • 歯肉の出血や腫れ、違和感、歯の欠けや揺れなど、お気づきになられた時は定期検診時期に関わらずご連絡ください