入れ歯 DENTURE

入れ歯とはAbout

様々な理由で歯がなくなってしまった場合、歯の機能を回復する方法として、インプラント・ブリッジ・入れ歯(義歯)という治療方法があります。この中で最も一般的な治療方法が入れ歯です。

残っている歯があり、それを土台にする場合は「部分入れ歯」、全ての歯がない場合は「総入れ歯」による治療を適用します。入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない・装着すると違和感がある・話しにくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

保険適用と自費の入れ歯の違いDifference

保険の入れ歯は、保険適応内で決められた範囲内の素材や製作工程で入れ歯を作っていきます。
保険適応するので費用的には非常に安く済ませることができるというメリットがあります。

対して自費の入れ歯は、よりお口にフィットする入れ歯を制作するために保険適応外の高価な素材を使用したり、製作工程も保険の入れ歯より複雑な工程で入れ歯を作っていきます。

より安い費用での入れ歯制作を求めるなら保険の入れ歯を作ることをお勧めします。
しかし、噛み心地・見た目・装着感やフィット感を求めるなら、より精密に製作された自費の入れ歯をお勧めします。

保険適用と自費の入れ歯の違い比較表

『保険適用』の入れ歯 『自費』の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ 選択肢に幅があり、見た目や噛み心地が自然なものを選べる
作成期間 1ヶ月程度 素材によっては2~3ヶ月かかる場合がある
使い心地
  • 噛む力がやや弱い
  • 厚みがあるため違和感が出やすい
  • 食べ物の温度が伝わりやすい
  • 比較的しっかり噛める
  • 薄く軽い素材で作ることができる
  • 耐久性がある
見た目 入れ歯だとわかってしまうことがある 見た目が自然で気付かれにくい
修正・調整 破損しやすいが修正・調整しやすい 破損しにくいが修正・調整できないものもある

費用について

保険適用と自費診療の費用については、以下リンクボタンよりご確認ください。

治療費一覧

入れ歯の種類Type

保険適用

レジン床義歯

【写真】レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。適用範囲は広く、ほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

自費

金属床義歯

【写真】金属床義歯

お口の中の「肌」にあたる部分が金属でできた義歯を金属床義歯といいます。金属床は強度があるため割れにくく薄くつくることができ、お口の中で違和感が少なく快適です。また、熱伝導率が高いため、食べものをよく味わうことができます。

自費

ノンクラスプデンチャー

【写真】ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも安心です。

自費

マグネットデンチャー

【写真】マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、ガタつきがなく安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。